• Kittchaco.

MONSOON TEA ワークショップ-Pure Tea 飲み比べ





前々回に投稿したMONSOON TEAのワークショップへ行って来ました。

MONSOON TEAのホームページに「ワークショップに興味のある方はお気軽にご連絡ください」っに書いてあったので本当に気軽にメールを送ったら快く企画してくださいました。一緒に同行してくれる友達もバンコクにはいないので1人での参加にも関わらず!なんと心の広い!


当日Asok/アソーク駅から徒歩10分ほどの場所にある店舗へ伺うと、Ryanさんと言う方がワークショップの準備をして待っていてくださいました。実はCFOで偉い方!本当に恐縮です。この方がRyanさん↓



ちょうどお店に居合わせたアメリカ人のグループ7人も急遽参加することになり、当初参加者は私1人の予定でしたが嬉しいことに人数が増え賑やかになりました。


ワークショップの内容は、MONSOON TEAの紹介プレゼンテーションから始まり、その後にPure tea(ブレンドしてないお茶)9種類とブレンドティー1種の合計10種類のテイスティングを行いました。

事前に、Free-Grownの事や、MONSOON TEAのThailand teaの特徴が知りたいですっとお伝えしていたのでそれらを分かり易く説明してくれました。商品展開は100種類以上あるそうですが、Pure teaの茶葉をベースにしたブレンドティーが8割、Pure Teaが1割、そのほかにコンブチャやハーブティーが1割の構成のようです。その中からPure Teaを選んで用意してくれている辺りが、さすが分かってらっしゃる!


テイスティングしたPure tea 10種 はこちら↓ *1.00THB/約¥3.5(2021/11/21)


White Tea

*LANNA SILVER NEEDLE (810THB/40g)

*5 colors White (300THB/40g)


Green Tea

*LANNA GREEN (310THB/50g)

*Dhara Artisanal Green (730THB/50g)


Oolong Tea

*LANNA Oolong (310THB/50g)

*Karen Oolong (490THB/50g)


Black Tea

*Jungle Black (1000THB/50g)

*Dhara Black (330THB/50g)

*LANNA Black (310THB/50g)


Blend Tea

*Rainbow Blend (350THB/50g)




自分の記憶のためにPure Tea9種のイメージをイラストにしてみました。茶葉の形もとんがっていたり、クルクル丸まっていたり、葉っぱそのものだったりと本当に個性豊か!


実際の水色(すいしょく)の違いはWhite TeaとGreenTeaに大差はなく、Oolong Teaが若干茶色味が増え、Black Teaはプーアール茶より少し透明感のある色の印象でした。

個人的な意見ですが、お茶の楽しみ方は日本茶の深い味わいを楽しむと言うよりは、中国茶の様に香りを楽しむ飲み方に近い印象です。中国茶の知識が深いわけではないので比較は私の感覚的なものですが。。。


お茶の飲み方は中国茶の様に1杯目に茶葉を洗わずに、それぞれ異なる蒸し時間を経た後に1杯目から楽しみます。とりわけ香りが特徴的で茶葉により全く異なりました。言葉にするのが難しいのですが、華やかだったり、フルーティーだったり、甘い香りだったり、森の木を思い出すような香りだったり、と奥深いものでした。中国茶は何回もお湯を注ぎ足し楽しめますが、MONSOON TEAのお茶は残念ながら2回目くらいで香りは弱まっていってしまうようです。


通常のBlend Teaは1種類のPure teaに自然由来の香料を1%未満で着香したり、ハーブを混ぜた商品がほとんどですが、Rainbow BlendはGender Station BangkokとコラボレートしLGBTQ+rightをサポートするために作成されたブレンドティーで、Black Tea+Green Tea+Oolong Tea+ Yellow Tea+ White Teaをブレンドし、さらにマンゴー+パッションフルーツ+パパイヤのフレーバーを合わせた正にRainbow Blendとなっています。このお茶をアイスティーとしてワイングラスに注ぎ振る舞ってくれたのですが、食前酒?ウェルカムドリンク?!にもなりそうなシャンパン色の見た目と華やかな香りはお茶の概念を覆すものでした。✨(写真を撮り忘れ残念ながらシェアできないのですが、、)


ちなみに今回のワークショップを行ってくださったRyanさんアメリカ人なのですが、6年前にお客としてMONSOON TEAのチェンマイにある本店でオーナーに出会い、森を守りながら地域の農家を支えるお茶ビジネスの理念に感銘を受け、アメリカでの仕事を辞め1年半前にMONSOON TEAに入社してビジネスパートナーとして働いているんだそうです。わ、、、その気持ちわかるわ、、、っと危うく私も手伝いますっと言いそうになってしまいましたが、私にはKittchaco.とイラストを描きたいという気持ちがあるので流石にフルタイムでのサポートは無理だなっと言葉を飲み込みました笑 引き続きお客さんとしてサポートさせていただきます😃




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示